倒産確率とは|メディア関係企業向けの在庫管理システム|便利の機能で選ぶ
女の人

メディア関係企業向けの在庫管理システム|便利の機能で選ぶ

倒産確率とは

オフィス

得になるような利用方法

倒産確率とは、バーゼルIIという国際決済銀行が、自己資本比率を計算するために使われるパラメータの一つのことです。国際決済銀行とは、中央銀行が支援の目的のために国際協力を推進する目的の施設です。これまでの信用のリスクと市場リスクとオペレーショナルリスクを加味した結果となっています。倒産確率は、貸出金が返済されないか、債務不履行の場合になる可能性のことを言います。過去に倒産した会社のデータを使って計算しているのでその仕方は様々です。倒産確率を知ることによって、信用リスクの改善は反省ができます。今までのどのような点が、悪かったなど良かった点かなど、確立によって明らかになります。このモデルを使うことで、企業再生やLBOの判定が客観的に行なえます。

現在、インターネット上には都道府県ごとに倒産確率を記載されていたりします。生存している会社は何パーセントか、実際に倒産してしまった会社、廃業・停止している会社はいくつあるかなど1年ごとに更新されて表示されています。また、銘柄ごとの倒産確率、倒産リスク度、倒産株価水準が毎日更新されているサイトもあります。たとえば倒産確率が、20パーセント以上の銘柄を調べることができます。事業リスク、体力リスク、収益リスク、負債リスク、株価リスクも記載されていて分かりやすい表になっています。また、業種もありますので、「現在この業種は全体的に不況な状態だ。」などがわかるようになっています。こちらを有効活用して、会社を順調に経営しましょう。